次元

今年は大きな別れを経験しました。

大往生で旅立った愛猫マーブル(18歳)

わたくしが

ペットロスに陥ることもなく

前向きに元気に過ごせてこれたのは

彼から送られてくる

多くのメッセージのおかげでした。

目覚めと同時に

「次元は縦方向じゃない」

と頭の中にコトバが響きました。

理由は説明できませんが

マーブルからだな・・・

でも意味がわからない💦

としばらくこのメッセージを温めてみます。

縦方向とは?

縦とは、「上」と「下」

つまりは

両極であり

2者しかないという考え。

二次元という考え方です。

本来の次元は二次元ではない

ということを伝えてきたようです。

我々は地上から

星を眺めるとき

あれは〇〇座だ

という解釈をします。

しかし

広大な宇宙から見れば

星の位置は

地球から眺める配置とは異なります。

あくまでも地球を中心に考えたら成り立つのが星座です。

平面的な考え方でもあります。

地球的考え方だけが真実ではない。

本来は

もっともっと奥行きがあり

目にしている光景だけが

全てではない

ということ事実を

教えにきたマーブル

お別れが近づく頃の彼の表情は

もはや厳格な賢者のようにも思えます。

様々な悩みに直面するとき

正しいか正しくないか

どちらが間違っているのか?

相手が間違っているに違いない!

自分は正しいのだ!

このように主張しがちです。

人はそれぞれが価値観を持ち

時には

理解できない場合もあります。

イエスかノー

正しい又は間違っている

このような2極のどちらかに

答えを求めようとするから苦しくなるのです。

そして

このように2極化の考えの中に

答えを求めようとするとき

自分は正しく

相手が間違っている

と決めつけてしまう傾向があります。

さらには

自分は正しいのだから

相手を更生させたいとか

考えや行動を改めさせたい

という願望を持ってしまいがちです。

カウンセリングのなかで

「どうしたらいいのですか?」

というご質問を受けることがありますが

この

「どうしたら」

のあとには

「どうしたら、私の思い通りになるのでしょうか」

という気持ちが存在していることが

とても多いのです。

それを察知して

「相手を思い通りにしようするのは

単なる支配ですよ」

とお伝えします。

その時になって

「はっ」と気づかれる方が多いのです。

本来の婚姻生活や

パ-トナーとの関係は

支配するか支配されるかではないはずです。

今抱えている問題は

自分が作り上げたものでもあります。

自分は正しい

自分は被害者だ

この考えだけで

状況を変えていくことは困難です。

多方面から

さまざまな事情を

冷静に考察すること。

建設的に物事を考えてみること。

感謝の気持ちを持つこと。

問題をクリアするには

様々な方法があるはずです。

一緒に考えながら

よりよい選択をする。

ご自身を振り返ってみる。

リコラの森では

その作業のお手伝いをいたします。

カウンセリングのお問合せ

ご予約は下記フォームよりお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする