毒親育ち

毒親育ちあるあるは、自分責め、理不尽への迎合、自分で答えを出せない、という生きづらさを持っています。そして、その生きづらさを助長するように、親と似たタイプの恋人や友人を選んでしまい、どんどん苦しくなってしまします。自分の答えに自信がないので、ふしぎなチカラや根拠のない考えに縋ってしまうことも少なくありません。

一生続く幸せを手に入れる方法

あんなに尽くしたあの人が、最近冷たくなってきた。連絡しても以前のように返事が来ない。一緒にいても楽しそうでない。すべてを失いそうで、怖くて仕方がない、そんな不安を抱えているあなたが、幸せになれる方法をお伝えしてまいります。セミナーに行く必要もない、本を買う必要もない!お金を使うこともありません!いつでもどなたでも、すぐに始めることが出来ます。

こんにちは赤ちゃん!~愛着形成~

愛着とは親子の絆です。愛着の絆によって、赤ちゃんは将来的に健康的で思いやりのある心の持ち主となり、社会に貢献できる大人へと成長していきます。ですから愛着の形成は赤ちゃんの一生の財産なのです。愛着の形成は特に生後3か月までが大切と言われております。

アダルトチルドレンは幸せになれるのか?

ご自分の人生の課題に向き合うアダルトチルドレンは、勇気がある人。安易な形で承認欲求を満たそうとすると、見せかけの高揚感で「自己肯定感が上がった」と錯覚して周囲への依存が止められなくなります。こつこつと人生の課題を積み重ねることでアダルトチルドレンは幸せになれるのです。

婚活に疲れた方へ

夫婦問題を扱い離婚現場を知るカウンセラーが、婚活に疲れたり、婚活を諦めた方たちへ送るメッセージ。人生はレースではない、人と比較しても幸せにはなれない、キラキラしている充実した私生活を自慢しても、それは婚活の結果には結びつくものではない。

怒りのコントロール

怒りは反応なので、悪いものではありません。反応には、理由があります。人生というのストーリーの中で登場した怒りのシーンを、主人公のあなたは、どんなふうに乗り越えてきたのか?どうぞ思い出してみてください。

自己肯定感

自己肯定感は本来、低いも高いもないのです。自己啓発という流行の波の中で作り上げられた人の価値を数値化する自己肯定感という言葉に振り回されないようお気をつけください。

着古した服を捨てるように

アダルトチルドレンの回復は過去の習慣や人間関係を見直して、自らの人生の課題と出会い、日々向き合うことから始まります。流行の過ぎた服を脱ぎ捨て「今」のお気に入りを見つけるように価値観は変容していくものです。手放した過去の習慣や人間関係は決して悪いものではなく、今の自分にはもう必要のなくなったものに過ぎません。

裁かない勇気

トラブルの原因はそれぞれであっても、夫婦や恋愛問題の相談を受けていると、ご相談者の中に共通するエネルギーを感じます。 それは悲しいとか...