着古した服を捨てるように

新しい年が始まりました。

いかがお過ごしでしょうか。

過ぎた1年を振り返ると、あまり気持ちが動けなかったな、という印象があります。動けないときに無理に慣れないことをしても思考を散らかして疲弊してしまうだけ。こんな時は徹底的に自分と向き合おうと、自らのAC(アダルトチルドレン)の課題に取り組んで過ごしてみました。*アダルトチルドレンとは今現在の生きづらさが親との関係に起因すると認めた人のこと

この分野はずっと学びとしても取り組んでますが、どんなに知識を積んで、学んできた分野であったとしても、一人では限界があります。信頼できる先生とのセッションを通して、自分の育て直しに取り組んだ1年でした。

そこで見えてきたものは、今までの価値観や考え方が周囲の人を中心に成り立っていたものであったこと。つまりや人からの評価、他者へ喜んでもらうための言動、そういったものが自分の原動力でした。しかし、これは外付けのエネルギーの補充であって、自分以外の存在に依存してしまう危険がおおいにありました。

ここの気づけたことはとても大きなことで、その考え方や価値観を改めるためには、一度立ち止まり、本当の自分のニーズに気づき、どう生きたいのか?何をしたいのか?考え直す必要がありました。

しかしアダルトチルドレンと呼ばれる私のようなタイプは自分のニーズを優先させたり、選ぶことが苦手です。なぜならば、いつも周囲の誰かのために生きてきたからです。

この考え方の癖にも向き合いながら、自分の居心地のよい場所や人間関係をゆっくりと見つけ、自分で自分を満たすことのできる内側からのエネルギーの循環を再構築する作業に取り組んでいました。

成育歴を振り返り、今の自分と向き合うことは時にはしんどい作業でしたが、年末あたりから、大きく気持ちが解放されていくような、すがすがしい心境となりました。

今まで後生大事に抱えていた考え方や、承認欲求やすがりつきのような人間関係など、排除するというよりは、着古したお気に入りの服を捨てるように、「ご苦労さまでした」と手放した心境です。

それらの古い考え方や価値観は否定するものではなくて、今までの生き抜いてきた自分を守ってくれたものでもあります。ですから、感謝とともに潔く手放す。ここが大切だと思います。

身軽になると新しい考え方も舞い降りてきます。

体験型プラットホームainiのリコラの体験では、新しいメニューをリリースしました。

通常のカウンセリングよりも非常にお手頃な価格でリコラの森の体験が出来ます。

いきなりカウンセリングでは・・・と思われている方にはおすすめです。

https://helloaini.com/travels/37013?prcd=QOveE

感情と向き合う60分

https://helloaini.com/travels/37035?prcd=QOveE

母がしんどい!娘でいるのが辛い方の60分

いずれもオンライン60分で1000円でご体験できます。

今年1年がみなさまにとりまして穏やかでありますようにお祈り申し上げます。

リコラの森

松本直美

オンラインカウンセリング、お問い合わせは以下のフォームからお気軽にご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする