スピリチュアルと人生の答え

五感や感覚を通して

心地良い

と思うものは

人それぞれ

みんな違います。

それは

生きてきた過程の中で経験してきたことの違いでもあります。

だから

どれが正しくて

どれが間違っている

ということはありません。

自分が正しいと思うものが

必ずしも

ほかの誰かの正解とは限らないのです。

なにかの困難にぶつかったとき

それを乗り越えるために

あなたを照らす

光のような

言葉

情報

考え方

いろいろなものに出会うことがあるでしょう。

しかし

そのすべてを盲信すると

自分を失います。

今の自分に必要なものを

必要な分量だけ取り入れることが

情報過多の時代において

賢い選択なのではないか

と思うようになりました。

わたくしは

相次いで見送った猫たちとの別れがつらくて

ペットロスをこじらせていたときに

「胎内記憶」のお話から

自分の悲しみに

光を当てて頂きました。

その光に導かれるように

一般社団法人日本胎内記憶教育協会で学び

仲間たちとともに

自分の人生の振り返りや

分かち合いをして

とても居心地のよい

場所にたどり着いたように思いました。

認定講師になるための最後の授業は

予想もしていなかった

「サプリメント」の紹介と

「胎内記憶よりサプリメントを広めて欲しい」

というまさかの展開でした。

その瞬間

わたくしは

言いようのない「何か」を感じて

その場に踏みとどまる感覚になりました。

モヤモヤを抱えたまま

法律家の友人に相談したところ

「やっぱりそうだよね」

と思える回答を頂いて

協会との活動は一切行わないままです。

とても中途半端と思える自分でしたが

「すごくよかったこと」

「とても受け入れられないこと」

この二つが混在するなかで

助けてもらった言葉や考え

そして

学んだ仲間は大切に思いながら

出来ないことや

受け入れられない自分も認めて

自分のなかで

正解を見出すこと

これが大切なのではないか

と思い

それを実行しています。

今の自分の選択が

わたくしの答えでもあります。

本来のスピリチュアルとは

人とのつながりを思う気持ちです。

世の中に溢れている

何かを買えば願いが叶うとか

このセミナーを受ければ幸せにれるとか

自己肯定感が上がるとか

結婚できるとか

妊娠できるとか

お金持ちになれるとか

そのような

不安を煽るビジネススピリチュアルに

振り回されてしまうと

自分を生きるのではなく

その団体やその考えのために生きるようになり

そこに

支配や抑圧が生まれ

その循環として

自分自身もまた

支配や抑圧を行う側になってしまいます。

おなかの中にいたころの記憶を話すこどもたちがいるといいます。

本当にその記憶を持つこどももいれば

そういえば親が喜んでくれることを

知っているこどももいることでしょう。

どんな繋がりが大切で

なにが正解なのかは

一人一人違って当然です。

そして

自分はOK

あなたもOK

この寛容な気持ちもまた

忘れずにいたいと思います。

胎内記憶で光を当てて頂いたペットロスからの回復は

おはなし会を通して

必要な方に還元してまいります。

これが

わたくしの考える「つながり」です。

ペットロス予防のおはなし会はainiのサイトにて行っております。

こちらからおはいりください。

https://helloaini.com/travels/35614?prcd=QOveE

ご相談はオンラインにて受付ております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする